闇金返せない!簡単解決!

闇金返せないと復讐される心配のあなたに!

闇金返せないときの方法↓

 

闇金返せないと復讐される心配のあなたに!
闇金での執拗な嫌がれせに、不安や恐怖感じている人にはぜひ相談してもらいたい窓口があります。

 

 

もしも自殺まで追い込まれそうな方はさっそく相談してください。
過去には闇金業界は「自殺に追い込んで一人前」と言われて追い込んで自殺した人の葬式で香典を持ち帰るなどは普通でした。
今はさすがにスマートな取り立てですが・・・

 

 

そんな闇金にお金を借りたからといって返せないと深刻に悩まなくていいはずです。

 

闇金ビジネスが成立するのは、儲かるからです。
法外な金利を弱者から巻きあげているから成立します。
返せない状態になるのが当たり前です。

 

 

そもそも国が作った法律【改正貸金業法】で年20%を超える利率の超える場合の貸付は違法なのです。

 

2006年の改正貸金業法が作り直されました。
変更点
@金利の上限が20%までとなったこと【前は実質29.2%まで】
A年収の3分の1までの借り入れる制限が付いたこと。

 

 

その闇金での執拗な催促、嫌がらせ、受け取り行為はすでに犯罪行為だと法律で規定があります。
執拗なまでの嫌がらせ行為に耐える必要はありません。

 

 

緊急の嫌がらせ対策には専門家に任せるのが一番です。
ただ警察やお役所に相談しても民事不介入のために対応ができにくい事情があります。

 

 

闇金の嫌がらせの解決はシステム化したノウハウや実績のある闇金対策に強い法律事務所に相談するのが一番の対処法です。

 

 

警察に相談しても実際の被害が出ていないので対応できないと断られた
決済日が近づいているのに返済の目途がまったくつかない
嫌がらせがエスカレートしてきてすぐに催促停止の対策をとりたい
命の危険を感じる!

 

 

 

 

違法なお金を借りていることに気兼ねしたり、闇金からの仕返しを恐れてる必要はありません。
そもそも正規の貸金業者から借りていると勘違いしている場合も多いです。
相談しないほうが闇金からの被害にあうリスクが高くなり深刻な事態を招きます。

 

 

法律違反を平気でしてしている闇金業者に、手を貸さない「クリーンハンズの原則」があります。
そこから【民法708条】不法の原因で給付を行った者は給付した物の返還請求ができないとする不法原因給付の規定もあります。

 

「簡単に言えば法律違反の貸付をする人は取り立ての催促はできない」ということです。
本来、返す義務のない金銭を、暴力や脅しをちらつかせて執拗な嫌がらせを受けるのは理不尽で耐える必要はありません。

 

 

 

本来は深夜早朝は取り立てができないですし、支払い義務のない人【家族・親戚・勤め先】へ取り立ては違法【貸金業法】です。そのような違法な取り立て業者は刑事罰の対象となっています。

 

 

そんな違法な取り立てをする闇金に対処するには、まず闇金に強い弁護士に相談してください。
弁護士に頼むと高額な相談料や費用がかかる心配をする方も多いと思います。
しかし一度、無料相談をしてみてその後の対応を考えればいいでしょう。
相談だけで嫌がらせ対策に有効なアドバイスや対処法をもらえるかもしれません。

 

 

しかし法律家と言っても弁護士、司法書士・・・いろいろ窓口があり迷われると思います。
また闇金業者を相手にしたくない弁護士や司法書士などの法律家は多いでです。
弱者を守るべき弁護士であっても闇金関連の案件は「恐怖」「あまり報酬につながらない」などの理由があるからです。

 

 

そのような法律事務所に任せるのはよくはありません。
しかし弱者を守るべき法律家としてプライドがある法律事務所にご相談してください。
しっかりた闇金対策の実績とノウハウがあり警察としっかり連携している弁護士事務所に相談・依頼しなければなりません。

 

 

 

一般的な相談の流れ

 

メール相談・電話相談【無料】
現在の状況をなるべく詳しく説明してもらい、弁護士事務所が解決法を提示
その解決方法に納得できればその弁護士事務所と契約する【受任契約】
依頼を受けた弁護士が代理人【本人に代わり法律行為をする】となる
あなたに代わって弁護士が闇金業者と交渉します

 

 

 

弁護士の基本の交渉内容

 

嫌がらせ行為など迷惑行為の禁止
取り立てや催促電話を停止
返済しなくてよい有利な状況をつくる

・・・

 

 

一番心配なのは弁護士に依頼したことで闇金業者から復讐される心配するかもしれませんが、正式に弁護士に依頼した時点から復讐されない対策とにアフターケアの対処をします。

 

 

 

闇金業者もビジネスとしてやっているため、ビジネスが継続できないとわかれば手を引きます。
また国家権力の後ろ盾となる弁護士には手を出しにくいです。
ただどの弁護士事務所でもいいにかといえばそうではなく、闇金の嫌がらせ対策にシステム化したノウハウや実績のある弁護士事務所がいいのは言うまでもありません。

 

 

闇金返せないと追い込まれたあなたに↓

闇金,返せない

 

 

 

 

 

 

心の診断